ブライトリング正規販売店 ジュエリーかまた青森店 福山 陽介のブログ

September 2012

時計 ~意外と知らないこと~

こんにちは

程よくお腹が空いてまいりました

今日は、意外と知らない「時計の語源と由来」です


【時計の語源・由来】
「時計」は当て字で、本来「とけい」は「土圭」と表記した。
「土圭」は中国周代の方角や日影を測る磁針のことで、
平安時代以前に日本に伝えられ、機械時計の無かった時代は、
「日時計」の意味として「土圭」が用いられていた。
機械時計は14世紀にヨーロッパで作られ、
日本に初めて伝来したのは、
1551年にフランシスコ・ザビエルが大内義隆に献上したものとされる。
中国では、機械時計を「土圭」ではなく「自鳴鐘」と表記し、
日本でも「自鳴鐘」が用いられた例はあるが、
漢字表記は「時計(ときはかり)」が多く用いられていた。
漢語が重視された幕末から明治初期にかけては、
「時計」が字音的表記でないため、
「時器」や「土計」「時辰儀」「時辰表」「斗景」「斗鶏」
などが使用されたこともあった。
これらの漢字表記にも「とけい」の振り仮名がされており、
機械時計と日時計の区別なく、
「土圭」を継いだ「とけい」と呼ばれていたことが解かる。
「ときはかり」の漢字「時計」が
再び使用されるようになり、一般的な表記となった。

な~るほど

奥が深いですね

では~

秋は・・・どこに・・・

どうも、こんにちは、福山です。

今年も八戸の花火大会が終わり・・・

K5_66193

海辺に来る人たちも減り・・・

e0132433_16572498

いよいよ、秋ですよ~

って言いたいのですが・・・。

ちょっと、暑すぎない・・・

大親友

ブログネタ
昔の友人関係、続いていますか? に参加中!
こんにちは

小笠原です

小笠原は高校生の時から仲良くしている大親友がおります

彼女は、とても優しくいつも小笠原を温かく見守っていてくれています

そんな彼女も、ついに婚約致しました

嬉しい事ですが、少し寂しい小笠原なのでした
Profile

Recent Comments
Recent TrackBacks