今日はちょっと早い八戸の夏祭りをご紹介



八戸市廿六日町の神明宮では毎年、6月30日夜を前夜祭として

八戸地方に夏の訪れを告げる「茅(ち)の輪祭」が開催されます

メインは7月1日午前0時すぎに始まります

茅の輪をくぐるんです
img11070109top_l

拝殿前に設けられた大きなカヤの輪をくぐり

無病息災を祈ります

私の記憶では、祭りの屋台に行ったのは鮮明に覚えてますが

茅の輪くぐったことあるかな

という感じなのです



なんと

約150年前から続く6月みそかの伝統行事なんだそうです

八戸に初夏の訪れを知らせてくれる風物詩的なお祭り

茅の輪をくぐることで、厄災を寄せ付けないと言われ、ことし前半のけがれをはらうとともに、

後半の無事を祈願できるそうですヨ


茅の輪くぐってこなきゃ


では、ご飯も食べたのでもうひと頑張りしなきゃですね